RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

PARC

国際舞台芸術交流センター
制作者リレートーク&ミーティング開催!
0
    制作者リレートーク&ミーティング開催!

     TPAMiYサマーセッション2011のディスカッション・プログラム「舞台芸術制作者が求めるネットワーク」共同コーディネーターのネビュラエクストラサポートによる「制作者リレートーク&ミーティング」が開催されます。 

    「これからの舞台芸術カンパニー、アーティストのステップアップ戦略を考える」 
    主催:Next(有限会社ネビュラエクストラサポート)
    提携:フェスティバル/トーキョー 

    日時:11/7(月)14:30〜18:30(入退場自由)
    場所:「F/Tサロン」(ホテルグランドシティ 地下1階 「レストランセゾン」)
    料金:無料
    | お知らせ | 16:22 | - | - | - | - |
    ハードエッジ 「アジアから世界へ。〜地方都市からのアプローチ〜」のお知らせ
    0
      ハードエッジ 「アジアから世界へ。〜地方都市からのアプローチ〜」 

       9月25日(日)
      ■時間 13:00- (開場は12:30) 
      ■場所 高知県立美術館 2階講義室 *逐次通訳あり
      ■聴講無料 (事前予約制・定員50名) * レセプション参加費は1,000円
      ■申込方法 お電話〔088-866-8000 (9時〜17時)〕でお申し込みください。

      2013年、当館開館20周年記念の目玉事業である三カ国の地方都市<マンチェスター(英国)−光州(韓国)−高知、金沢(日本)>を結んだ国際共同制作は、各地域の人と海外のアーティストが共同して作品を創作することで、アートの新しい可能性を見出し、アジアの芸術・観客を育てることを目的としています。 本年度は、本事業のコアメンバーである英国のアーティストと韓国のプロデューサーをお招きし、今後の展開についてお話しします。 http://kochi-bunkazaidan.or.jp/~museum/contents/education/lecture/lecture.html 

       ------------------------------------------------------- 
      ≪プロフィール≫ トリスタン・シャープス Tristan Sharps
      ドリーム・シンク・スピーク Dreamthinkspeak(英国)/アート・ディレクター  多様なアートの形式を通してライブパフォーマンスを伝えるため、1999年、ブライトン(英国)にドリーム・シンク・スピークを創立し、2000年、カンパニー初の作品‘フー・ゴーズ・ゼア?’を創作した。翌年、ブライトン・フェスティバルで‘ドント・ルック・バック’を発表し、その後、本作品は英国内外12の会場で上演された。また、ドストエフスキーの「罪と罰」に着想を得た‘アンダーグラウンド’は、BITE:05 ヤング・ジーニアス・シーズンのプログラムとして、ブライトン・フェスティバルとバービカンセンターより依頼を受け製作された。同カンパニーの作品は国際的に称賛され、英国のサイト・スペシフィック・アートの代表例として注目を浴びている。
      ------------------------------------------------------- 
      チェ・ソッキュウ Seok Kyu Choi
      アジア・ナウ・プロダクション AsiaNow(韓国)/クリエイティブ・プロデューサー 主な活動としては、チュンチョン国際マイムフェスティバル(CIMF)やマイム・パフォーミング・アーツ・フェスティバルの他、フィジカルシアター、ストリートシアター、コンテンポラリーサーカス、サイト・スペシフィック・シアターなどがある。CIMFにおいては、それまで小規模であったフェスティバルを韓国で最も有名なパフォーミング・アーツ・フェスティバルの一つへと進展させた。2007年以降、アジアでクリエイティブ・プロデューサー・ネットワークを展開し、2009年、PAMS(ソウル舞台芸術見本市)と共同でクリエイティブ・プロデューサー・ネットワーク・フォーラムを開催するなど、韓国のアートマネージメントと演劇推進のためのコンサルタントとしても活躍している。
      -------------------------------------------------------
      丸岡ひろみ 国際舞台芸術交流センター(PARC)/理事長
      2005年よりTPAM(東京芸術見本市/2010年より国際舞台芸術ミーティング)ディレクター。2008年、2010年開催のIETMサテライト・ミーティングを開催。また2003年に「ポストメインストリーム・パフォーミング・アーツ・フェスティバル」(PPAF)を創設。PME、フォースド・エンタテインメント、メゾンダールボネマ、ホテル・モダンなどを紹介。また、プロデューサーとしてカンパニー マリー・シュイナール、ロトザザなどを紹介。 ------------------------------------------------------- 
      須藤千佳 ブリティッシュ・カウンシル / プロジェクト・マネージャー(アーツ)
      1998年国際基督教大学卒業後、メーカー勤務を経て2001年に渡英。ロンドン大学大学院にてミュージアム・スタディーズの修士号を取得。帰国後、美術館勤務を経て、2005年より英国の公的な文化交流機関、ブリティッシュ・カウンシルのアーツチームに所属し、アートを通した日英間の文化交流プログラムを展開。これまでに携わった主な事業は、創造都市交流事業(2005/2006年)、UK-Japan2008オープニング事業(2008年)、日英キュレーター交流事業(2010年)、英国パフォーミングアーツショーケースConnected(2010年)、デジタル・クリエイティブ・カンファレンス(2011年)他。 
      | PARC | 23:26 | - | - | - | - |
      シンポジウム "地方芸術劇場の役割と展望"
      0



        シンポジウム - 地方芸術劇場の役割と展望
        http://shinminatomura.com/schedule/event_list.html#23

        地方の時代と言われだして久しいですが、本当の意味でそれを実現できているケースはそう多くはないでしょう。 地方の、ことさら「劇場」に対して求められるその役割や、 今後の展望について、韓国の、仁川市富平区(インチョン市プッピョン区)にある富平アートセンターの事例をもとに、その展望と可能性を探ります。

        ホン・ミヨン[富平区区長]
        チョ・ギョンファン[富平アートセンター館長]
        眞野 純[KAAT神奈川芸術劇場館長]
        唐津絵理[愛知芸術文化センター主任学芸員]

        司会:佐藤道元[国際舞台芸術交流センター(PARC)プログラム・オフィサー]

        日時:9月24日[土] 17:00-19:00
        場所:新・港村内「自由広場」
        予約不要。ただし、新・港村への入場にパスポートが別途必要となります。

        [アクセス] 新港ピア 横浜市中区新港2-5
        横浜みなとみらい線「馬車道駅」6番出口[赤れんが倉庫口]
        万国橋・ワールドポーターズ方面へ新港ふ頭まで直進 徒歩約10分

        [ヨコハマトリエンナーレ会場間無料バス]
        横浜美術館→NYK→新港ピア→横浜美術館→日ノ出町(降車のみ)→黄金町→横浜美術館  約10分〜15分毎 運行時間は12時〜19時を予定

        [BankART Life鶚のチケット(新・港村パスポート)料金]
        一般当日 300円 / 大学生当日 250円 / 高校生当日 200円
        中学生以下、障害者手帳をお持ちの方とその介護者1名は無料

        [パスポートについてのお問い合わせ]BankART1929 新港ピア事務所
        TEL 045-228-8212 FAX 045-664-3353 mirai@bankart1929.com
        | PARC | 23:21 | - | - | - | - |
        TPAM in Yokohama Summer Session2011 国際舞台芸術ミーティングin横浜サマーセッション 予約受付中
        0


          プログラム詳細発表しました。→コチラ

          2011年2月に実施した「国際舞台芸術ミーティング in 横浜」(TPAM in Yokohama/TPAMiY)の関連事業として、この夏、TPAMiY Summer Sessionを開催します。特に今回は国内で活躍するアーティスト、舞台芸術を支える中間支援組織の方、舞台技術者、舞台芸術関係者ほか各分野の専門家をお招きし、今後の活動に重要な情報やアイディアを交換し、議論します。

          事前予約制となっておりますので、下記のお申し込み方法をご覧ください。皆様のご参加心よりお待ちしております。


          8月5日(金)
          16:00-18:00
          ◆セッション1:「東日本大震災を受けて中間支援組織が行なっていること」
          モデレーター:坂田雄平(Arts Vision Network 311 事務局長)
          参加予定:荻原康子(企業メセナ協議会事務局次長/プログラム・ディレクター)、樋口貞幸(NPO法人アートNPOリンク事務局長)、横道文司(国際交流基金 文化事業部 舞台芸術チーム長)他

          ※森司(東京アートポイント計画ディレクター)さんはご都合によりキャンセルとなりました。


          19:00-21:00
          ◆セッション2:「俺は演劇だと思ってやっている」
          スピーカー:坂口恭平(作家/アーティスト)、卯城竜太氏(Chim↑Pom [チン↑ポム])


          8月6日(土)
          13:00-15:00
          ◆セッション3:「舞台技術の現場から」
          スピーカー:藤本隆行(インディペンデントディレクター/照明デザイナー)、堀内真人(KAAT神奈川芸術劇場技術監督)、遠藤豊(ルフトツーク代表)


          15:30-17:30
          ◆セッション4:「<表現>としてのデモ」
          スピーカー:宮沢章夫(劇作家/演出家/小説家)、三田格(評論家)
          モデレーター:桜井圭介(音楽家/ダンス批評家/吾妻橋ダンスクロッシング主宰)


          8月7日(日)
          11:00-13:00
          ◆セッション5:ディスカッション「舞台芸術制作者が求めるネットワーク」
          コーディネート:ネビュラエクストラサポート、国際舞台芸術交流センター

          15:00-17:00
          ◆セッション6:「原子力発電所の『事故』とは何か?」
          スピーカー:後藤政志(芝浦工業大学他非常勤講師/工学博士)、鴻英良(演劇評論家)
          モデレーター:丸岡ひろみ(国際舞台芸術交流センター)


          ★ご予約方法★
          要予約、当日清算。
          1日券(500円)は予約時にご指定いただいた日のみ有効です。
          3日券(1,000円)は50枚限定。
          定員各回150名。定員に達し次第受付を終了させていただきます。

          以下の内容をss2011@parc-jc.org宛てにEメールでお申し込みください。
          1)お名前(フリガナ)
          2)ご所属
          3)連絡先(当日つながるもの)
          4)Eメールアドレス
          5)3日券/1日券どちらをご希望か(1日券ご希望の場合は日付もご指定ください)

          会場

          ヨコハマ創造都市センター(YCC)3F
          〒231-8315 横浜市中区本町6-50-1
          ●みなとみらい線「馬車道駅」1b出口[野毛・桜木町口(アイランドタワー連絡口)]
          ●JR・市営地下鉄「桜木町駅」徒歩5分
          ●JR・市営地下鉄「関内駅」徒歩7分
          *駐車場はございません。近隣の有料駐車場をご利用ください。
          | PARC | 22:59 | - | - | - | - |
          TPAMiY Summer Session2011のお知らせです。
          0
            TPAMiY Summer Session2011のお知らせです。

            この夏、横浜でTPAMのサマーセッションを開催します!
            震災以降の社会に舞台芸術からどのようなアプローチが可能なのか?舞台芸術のネットワーキングは可能なのか?
            さまざまな現場からゲストを招き、セミナーやミーティング形式で議論します。

            ----------------------------

            ●開催日:
            2011年8月5日(金)、6日(土)、7日(日)

            ●会場:
            ヨコハマ創造都市センター (YCC) 3Fスペース
            〒231-8315 横浜市中区本町6-50-1
            http://www.yaf.or.jp/ycc/

            ●参加費・参加方法:
            追って発表いたします。

            ●プログラム:
            詳しくは、追って発表いたします。

            スピーカー (6月30日時点、敬称略):
            坂口恭平 (作家/アーティスト)
            宮沢章夫 (劇作家/演出家/小説家)
            三田格 (評論家)
            桜井圭介 (音楽家/ダンス批評家/吾妻橋ダンスクロッシング主宰)
            藤本隆行 (インディペンデントディレクター/照明デザイナー)
            関口裕二 (バランス代表)
            後藤政志 (芝浦工業大学非常勤講師)
            鴻英良 (演劇評論家)
            このほかミーティング・ディスカッションプログラム有

            お問い合わせ:ss2011@parc-jc.org

            主催:PARC - 国際舞台芸術交流センター
            | TPAM | 20:30 | - | - | - | - |