RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

02
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
--
>>
<<
--

PARC

国際舞台芸術交流センター
<< シンポジウム "地方芸術劇場の役割と展望" | main | 制作者リレートーク&ミーティング開催! >>
ハードエッジ 「アジアから世界へ。〜地方都市からのアプローチ〜」のお知らせ
0
    ハードエッジ 「アジアから世界へ。〜地方都市からのアプローチ〜」 

     9月25日(日)
    ■時間 13:00- (開場は12:30) 
    ■場所 高知県立美術館 2階講義室 *逐次通訳あり
    ■聴講無料 (事前予約制・定員50名) * レセプション参加費は1,000円
    ■申込方法 お電話〔088-866-8000 (9時〜17時)〕でお申し込みください。

    2013年、当館開館20周年記念の目玉事業である三カ国の地方都市<マンチェスター(英国)−光州(韓国)−高知、金沢(日本)>を結んだ国際共同制作は、各地域の人と海外のアーティストが共同して作品を創作することで、アートの新しい可能性を見出し、アジアの芸術・観客を育てることを目的としています。 本年度は、本事業のコアメンバーである英国のアーティストと韓国のプロデューサーをお招きし、今後の展開についてお話しします。 http://kochi-bunkazaidan.or.jp/~museum/contents/education/lecture/lecture.html 

     ------------------------------------------------------- 
    ≪プロフィール≫ トリスタン・シャープス Tristan Sharps
    ドリーム・シンク・スピーク Dreamthinkspeak(英国)/アート・ディレクター  多様なアートの形式を通してライブパフォーマンスを伝えるため、1999年、ブライトン(英国)にドリーム・シンク・スピークを創立し、2000年、カンパニー初の作品‘フー・ゴーズ・ゼア?’を創作した。翌年、ブライトン・フェスティバルで‘ドント・ルック・バック’を発表し、その後、本作品は英国内外12の会場で上演された。また、ドストエフスキーの「罪と罰」に着想を得た‘アンダーグラウンド’は、BITE:05 ヤング・ジーニアス・シーズンのプログラムとして、ブライトン・フェスティバルとバービカンセンターより依頼を受け製作された。同カンパニーの作品は国際的に称賛され、英国のサイト・スペシフィック・アートの代表例として注目を浴びている。
    ------------------------------------------------------- 
    チェ・ソッキュウ Seok Kyu Choi
    アジア・ナウ・プロダクション AsiaNow(韓国)/クリエイティブ・プロデューサー 主な活動としては、チュンチョン国際マイムフェスティバル(CIMF)やマイム・パフォーミング・アーツ・フェスティバルの他、フィジカルシアター、ストリートシアター、コンテンポラリーサーカス、サイト・スペシフィック・シアターなどがある。CIMFにおいては、それまで小規模であったフェスティバルを韓国で最も有名なパフォーミング・アーツ・フェスティバルの一つへと進展させた。2007年以降、アジアでクリエイティブ・プロデューサー・ネットワークを展開し、2009年、PAMS(ソウル舞台芸術見本市)と共同でクリエイティブ・プロデューサー・ネットワーク・フォーラムを開催するなど、韓国のアートマネージメントと演劇推進のためのコンサルタントとしても活躍している。
    -------------------------------------------------------
    丸岡ひろみ 国際舞台芸術交流センター(PARC)/理事長
    2005年よりTPAM(東京芸術見本市/2010年より国際舞台芸術ミーティング)ディレクター。2008年、2010年開催のIETMサテライト・ミーティングを開催。また2003年に「ポストメインストリーム・パフォーミング・アーツ・フェスティバル」(PPAF)を創設。PME、フォースド・エンタテインメント、メゾンダールボネマ、ホテル・モダンなどを紹介。また、プロデューサーとしてカンパニー マリー・シュイナール、ロトザザなどを紹介。 ------------------------------------------------------- 
    須藤千佳 ブリティッシュ・カウンシル / プロジェクト・マネージャー(アーツ)
    1998年国際基督教大学卒業後、メーカー勤務を経て2001年に渡英。ロンドン大学大学院にてミュージアム・スタディーズの修士号を取得。帰国後、美術館勤務を経て、2005年より英国の公的な文化交流機関、ブリティッシュ・カウンシルのアーツチームに所属し、アートを通した日英間の文化交流プログラムを展開。これまでに携わった主な事業は、創造都市交流事業(2005/2006年)、UK-Japan2008オープニング事業(2008年)、日英キュレーター交流事業(2010年)、英国パフォーミングアーツショーケースConnected(2010年)、デジタル・クリエイティブ・カンファレンス(2011年)他。 
    | PARC | 23:26 | - | - | - | - |